• ATLaB

ご挨拶、決意表明

最終更新: 7月13日

みなさん、はじめまして。

ATLaBの代表をしております、安藤と申します。


リニューアルオープンしてから、

1週間が経ちました。


このworkのページでは

私たちの活動を様々な表現を使って

可視化できるようにしていけたら良いなと

感じております。


「洋服からメッセージを届ける」

その意味をみなさんに知ってもらいたい一心で、

これからも精進してまいりますので、

このページも楽しみにしていただけたら幸いです。




さて、今回が最初の投稿になりました。

何を記そうか悩みましたが、

ATLaBの始まりのストーリーを

みなさんにお伝えしていきたいと思います。




2018年ATLaBができました。


いつかアパレルをやりたいという思いを、

なかなか実現できずにいたある日のこと。


仲の良い友人がそんな私を見かねて、

「やってみよう!」と半ば強引に

後押しをしてくれて、2人で始めました。




お互いアパレルブランドを立ち上げた経験はなく、

本業もやりつつでしたので、

最初は右も左も分からずに始まりました。


何度も立ち止まり、互いにぶつかりながらも、

何かを0から作るという楽しさは

変えがたいものでした。


立ち上げ最初に始めたのは、洋服をはじめとした

ライフスタイルの情報共有サイト作り。


これがいわゆる立ち上げの最初期。

みんなの人生をより良くしたいという

強い気持ちで始めたものでした。




しかし、私たちを待っていたのは、

全くと言っていいほどのノーリアクションでした。


強い思いや表現したいことを世界に発しても、

みんなが興味を持ってくれない。

厳しい現実を目の当たりにして、

私たちは卑屈になりました。


謎解きを駆使したサイトに変えてみたり、

実験をテーマにしたアパレルブランドにしたりと

試行錯誤を繰り返していきます。


どうしたら人を惹きつけられるか。

そんなことばかりを考えるようになりました。




そんな中でも、洋服を売り続けていました。

お買い上げくださった方から感想を頂き、

とても嬉しかった反面、

よくわからない、メッセージが伝わらないと

厳しい意見も頂きました。




2人でやっていたATLaBも私たちの活動を見て、

手伝ってくれる仲間が次第に増えていきました。


エンジニアをはじめ、

広告写真を撮ってくれるフォトグラファー、

洋服のデザインやコロナ禍で

同封するマスクを作ってくれているパタンナー、

サイトの音楽を作ってくれるサウンドメイカーや、

マーケター、、、


私が困った時にすぐに助けてくれる

仲間がいる安心感は絶大でしたが、

なかなか上手くはいかない現状の中で、

早く有名になって仲間たちに

恩返しをしなければならないという

焦りも生まれていました。




ただ目立とうと奇抜な方法や

ブランディングを考えていたある時、

疲れきった自分に気がつきました。




「なんでアパレルをやっているんだろう、、、」




積りに積もった焦りや、

自分の本当の気持ちとは裏腹の行動が

自分にのしかかってきて生まれた虚無感。


目先のことばかりを考えていた私は、

アパレルブランドを始めたかった理由を

忘れかけていました。




私が小さい頃から

なぜアパレルをやりたかったのか?




その答えは単純明快で、私自身、

洋服からたくさんの勇気や希望といった

目に見えない大きな力をもらっていたから。


落ち込んだ時も、楽しい時も、

洋服が自分の一部となって

一緒に時間を共有してくれる。




音楽、写真、映画やSNS、書籍といった媒体は

様々なメッセージを発信しています。


愛の尊さや、友情の美しさ。

自由の大切さや、平和の素晴らしさ。

夢を持つ強さや、

あなたらしく等身大でいることの輝きを。




ただ、洋服はデザイン、

プレミアムな物を持つことへの価値、

そして流行ばかりを発信する媒体に

なっているような気がしています。


今のアパレル業界は、

洋服を大量生産させては

大量消費を繰り返している

循環の中にいるのです。


洋服はメッセージを発信できる媒体として

長けている反面、多くの人はそう見てはいません。




私たちがこのATLaBを通して

世界に伝えたいこと、そして実現させる使命は、


「洋服を通してメッセージを伝える。

 そのメッセージで多くの人の人生を変える。」




愛の尊さを歌った音楽に胸をうたれて涙したり。

懐かしい仲間の写真を見て旧友に想いを馳せ、

友情の美しさを再確認したり。


人種差別を題材としたノンフィクション映画に

憤りを感じ、世界の誰もが

自由でいれることの大切さを痛感したり。


SNSで見た遥か遠い国の現実に胸を痛め、

平和の素晴らしさを噛みしめたり。


自分とは程遠く感じていた偉人の伝記を読み、

彼もみんなと同じ夢をもつ強さを

信じて戦っていたことに気づいた時も、

あなたの中にメッセージが

しっかり届いていたはずです。




あなたがあなたらしい人生を

歩むためのメッセージが。




そんなメッセージを届けたいんだと、

初心に返れた私は、この気持ちこそが

自分がやりたいことだったんだと気づき、

5月中旬からATLaBを

リニューアルすることを決めました。




長くなりましたが、これがATLaBのストーリー 。

私たちにとっては、ほんの一部分に過ぎません。

2年という月日の中には、

本当に色んなことがありましたし、

何度も辞めようとも思いました。




誰からも強制されず、大変なことばかり。

時間やお金もかかることを辞めなかったのは、

私たちの思いが強かったからだと感じます。




またいつかのworkで書けたらなと感じていますが、

私の背中を押してくれた友人は

幼少のころいじめにあっていて

辛い過去を過ごしてきました。


そんな彼も、今はデザイナー、

サイトを作るクリエイターとして

ATLaBからメッセージを作ってくれています。




人間誰しも生きていて、

良いことばかりの人生ではありません。


辛いこと、苦しいこと、

逃げ出したくなることの方が多いのかもしれない。


綺麗事では済まないことばかりの世界の中で、

塞ぎ込んでしまいそうになる。




だからこそ私たちは、

洋服からメッセージを届け続けたい。


纏うみなさんの人生を少しでもプラスに変えたい。

それが出来たら、これ以上ない幸せです。




そして目標はATLaBの洋服はメッセージなんだ

という認識を世界に発信していき、

既存の洋服への価値観を変えること。


大量生産大量消費を止め、

洋服も映画や書籍や音楽などと同じ、

メッセージを届けるものである

という認識にしたい。




私たちは、もう迷わない。

自分の使命を知ったから。


どんなに批判を受けようが、

自分たちを信じてやっていく。


私たちの決意とともにここに記し、

1番最初のworkに変えさせていただきます。




長くなりましたが、

最後まで読んでいただき、

ありがとうございました。


今後とも末長くよろしくお願いいたします。

私たちのメッセージが洋服を通じて、

1人でも多くの方の心に届きますように。


安藤

90回の閲覧

about us

work

contact